訪日インバウンド対策サービスのポータルサイト「インバウンドレーダー」

インバウンドレーダーの最新ニュース

アンダーライン

インバウンドレーダーをリリースしました

株式会社アイズ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:福島範幸)は、訪日外国人観光客の受け入れ対策および国内企業のグローバル化を支援する目的で、訪日インバウンド対策サービスのポータルサイト「インバウンドレーダー(https://inbound-radar.jp/)」を令和元年11月1日(金)にリリースしました。

▼インバウンドレーダーの特徴
翻訳・通訳サービスなどの外国人受け入れ対策サービスから、外国人人材採用・研修サービス、外国人観光客の集客施策など「受け入れ~集客」に関わる訪日インバウンド向けサービスを掲載いたします。

これにより、まだ訪日外国人観光客の受け入れ環境が整っていない企業様や、外国人労働者の採用検討企業様もサービスの利用・検討をしやすくし、国内企業のグローバル化を推進してまいります。

日本の観光事業推進および労働者人口の減少を見据え、
インバウンドレーダーを通して情報提供してまいります。

▼インバウンドレーダーの主な機能説明
・資料ダウンロードは全て無料(無料会員登録が必要)です。
 資料をダウンロードした場合、サービス提供元へ登録情報の提供がございます。
 https://inbound-radar.jp/add_pre_mr.php

・サービス提供企業(提携企業)は、無料プランおよび通常プランを選択し
 アカウント登録することで、資料掲載が可能となります。
 2020年6月末までは通常プランでも無料にてリード情報の開示を行います。
 対象期間中は、一切費用がかかりません。
 https://inbound-radar.jp/baitai.php

カテゴリー: ニュース

このページの先頭に戻る