「・外国人留学生インターン」の資料一覧

検索結果:2件の資料が見つかりました。
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2019/11/22

Borderless Recruitingとは、この採用難の時代ポテンシャル人材の獲得を国を越えて捉えるグローバル採用コンサルティングサービスです。
以下のようなお悩みを抱えている企業様におすすめします。
 ◆日本国内における優秀層の採用に苦戦している
 ◆グローバル採用に興味があるが、受け入れコストが高い
 ◆以前、海外人材を採用していたが、文化に馴染めず辞めてしまった

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2019/10/23

アイセック・ジャパンは、126の国と地域で活動する世界最大級の学生組織AIESECの日本支部として、海外インターンシップ事業を運営する学生団体です。

1962年に設立され、現在では国内25の大学委員会が活動しています。日本では特定非営利活動法人(NPO法人)の資格を取得し、国内の学生や法人様に対して海外インターンシッププログラムへの参加を提供しています。

アイセックの海外インターンシップでは、独自のチャネルにより世界の学生を様々な組織・団体・企業に紹介し、受け入れのサポートを行います。

企業様・インターン生にとって価値あるインターンシップを実現することを追求。

世界124の国と地域から、主にアジアの学生を中心とした30歳以下の若者を対象に、企業様のニーズに即したインターン生を探します。

▼企業向けの短期インターンシップ
豊富な知識とスキルの持った若者を呼ぶことで新たな視点をもたらし、企業の課題解決を目指します。

▼設立5年以内の新興企業向けの短期インターンシップ
社会をよりよくしたいと思う起業家精神ある若者とスタートアップをつなげ、共に世の中に新たな価値を生み出します。

▼海外インターン生受け入れ効果
・組織の活性化につながる
・海外進出のきっかけに
・直接採用にも繋がる

▼インターン生の特徴
日本語を話せるインターン生を求める企業が多く、中国・ベトナムを中心とするアジア圏の学生が多くを占めております。2012年度では、中国・ベトナムの学生で約40%を占めます。理由としては日本語を話すことのできる学生が多いことがあげられます。また非アジア地域では、ドイツ・ポーランドのアイセック現地支部が大きいこと、一定数日本語を話せる層がいることが理由としてあげられます。

訪日インバウンド対策やグローバル化に向けて
海外インターン生受け入れをご検討いただける企業様は、
NPO法人アイセック・ジャパンのWEBサイトよりお問い合わせください。

>>資料の詳細を見る

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

このページの先頭に戻る
▲ page top